UA-130729822-1

こんな症状、自律神経失調症かも?

2020年06月23日 08:35

・寝てもとれない疲れやだるさ
・ほてり、微熱がある
・不眠、眠りが浅い
・不安やネガティブになりやすい
・頭痛や耳鳴り
・胃の不快感や吐き気、食欲の低下

など、自律神経失調症の症状は様々です。

更年期の症状と似ていますね。

なぜなら、更年期の症状は女性ホルモンの急激な低下によって自律神経が失調する事で起こっているからです。

自律神経とは...

・交感神経と
・副交感神経があり、

全身の調節を行っています。

しかし、この切り替えが上手く出来ない状態、

それが「自律神経失調症」です。

そして、この自律神経失調症の原因は、

脳が疲れている事にあります。

脳が疲れやすい人、

つまり

・真面目
・心配性
・責任感が強い
・人間関係が苦手
・ストレスが多い
・生活習慣が不規則

...等の方は、多かれ少なかれ
自律神経失調の状態になっています。

「脳」を休ませてあげましょう

当店のアロマリンパマッサージでは、

しっかりとしたマッサージで自律神経に関係するポイントをゆるめてから、

温かいオイルを使用した

ゆったり、優しいマッサージで

脳のコリをほぐし、疲れも癒されて...♪

そんな時間を演出します。

また、アロマの効果とマッサージの効果で、
低下している女性ホルモンの働きを正常に戻します。

悩み等は人に話す事で考えが整理されたり、
気にならなくなったりする事もあります。

生活習慣や性格はすぐに変えることは難しい場合が多いので、まずは手軽に出来る事から初めてみませんか?

「脳」が常に緊張して疲れてしまうと、

身体も緊張が取れず、辛くなってしまいます。

お悩みの方は、ぜひお試し下さい!

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)